経済産業省 女性活躍推進基盤整備委託事業 女性起業家等支援ネットワーク構築事業

Font Size

S

M

L

  • TOP
  • 諸岡 久美子 さん

先輩女性起業家インタビュー

わたしの夢がかないました。

結婚・育児・介護…新しい選択肢として選んだ道は起業

東北

諸岡 久美子さん

ーきっかけは?

私は福島県会津地方の観光名所である大内宿で生まれ育ち、24歳で結婚し、埼玉県で医療事務のパートと専業主婦をしながら3人の子供を育て上げました。14年前に民宿と土産物店を営んでいる両親から「民宿を継いで欲しい」との話があり、色々と検討した結果、段階を踏みながら大内宿に移住する事になりました。そうして埼玉と福島の大内宿を行き来する生活が始まったのですが、この店舗を現状維持するだけではやっていけないだろうという危機感を覚えるようになりました。この土地で生きていくためには何が必要で、この場所には何が足りないのか…思いついたのが喫茶店でした。

大内宿

ー起業するまでどのような準備をしましたか?現在の事業を教えてください。

先ずは起業塾を受講しました。回を重ねるごとにどんどん楽しくなっていきました。その頃は飲食業の経験も知識もゼロでしたが、地元商工会さんが様々な分野のプロを起業支援施策などを駆使して、全て無料で用意してくれたのです。コンサルタントにフードコーディネーター、ロゴデザイナーなど、チームが出来ました。創業補助金で厨房機材を揃え、足りない資金面は日本政策金融公庫の女性担当者さんが丁寧に相談に乗ってくれました。気が付けば私の周りをプロ集団が支え、着々と準備が進みました。埼玉で同居していた次男にも店を手伝ってもらった方が良いとなれば、その説得にまで協力してくれたのです。

現在は古民家を改装した「茶房やまだ屋」を経営しています。梁や建具をそのまま活かした店内は漆喰の壁を基調としていて、棚には私が趣味で集めた小皿などを飾っています。自在かぎが吊るされた囲炉裏の席に座れば、時間の経つのも忘れてしまうほどリラックスできますよ。人気メニューは米粉を使ったシフォンケーキで、プレーン・抹茶・エゴマの三種類から選べます。中でも「エゴマシフォンケーキ」は、すりつぶしたエゴマと粒のままのエゴマの両方を生地に煉り込んでいるので、味と香りだけでなく、食感も楽しむことができます。

menu_2

お店風景

ー諸岡さんのこれからの目標・目指すものは?

夫が単身赴任を終え、今年、こちらに移住する予定です。生まれ育ったところとはいえ、離れていた期間が長かったので、これからは夫婦共に地域の行事等に積極的に参加し、周りの方々や地域に根付いていきたいと思っています。また、どの土産物店でも同じ商品が並んでいるので、土産物店の充実を図りたいと考えています。南会津もとより福島の名産を揃えてある、アンテナショップのようなお店を思案中で、より多くお客様に大内宿に来た際には、買い物も楽しんでもらいたいと思っています。

息子さんと

ーこれから何かはじめたい!女性にメッセージをお願いします!

もしも貴女が疾風怒濤の最中にいるのならどうか前を向いて欲しい。先が見えない苦しみは「辛い。辛い。」とうつむきがちです。でもそんな時期もいつかは終わりがあるのです。私はそんな時、他の視点に立って上を向くように心がけました。上を向いていたら、高みの人と出逢えました。その人たちとの繋がり、人脈が私をここに導いてくれました。人との出逢いは宝物です。前を向いて、上を向いて、人とのご縁を大切に、ご自身の道を歩んでください。

お名前 諸岡 久美子さん (福島県)
会社名 大内宿雪室珈琲「茶房やまだ屋」
〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大字大内字山本46

この地域のネットワークページへ