経済産業省 女性活躍推進基盤整備委託事業 女性起業家等支援ネットワーク構築事業

Font Size

S

M

L

  • TOP
  • 森 かおり さん

先輩女性起業家インタビュー

わたしの夢がかないました。

『暮らしの中にアロマテラピーを!毎日の小さなイライラ鬱々にほんの一滴のエッセンス♪』
をテーマに、「アロマ空間デザイン」を起業しました!

中国

森 かおりさん

-きっかけは?

・アロマとの出会い

結婚をして広島に住むようになり、社会人生活が10年経った頃、妊娠。夫婦ともに実家が遠く、出張や深夜にまで及ぶ残業もあるハードワークだった職場では子育てと両立できないと考え、家庭に入り専業主婦に。 地元でないため、友達もいない、実家も遠い、夫も帰宅が遅いということで、それこそ「独(子)育て」に追われる生活でした。 子どもはとても可愛いけど、自分の時間がなくいつもイライラしていたように思います。しかし、誰にも頼れない。慢性疲労状態が数年続いたためか、原因不明のアレルギーを発症。「ただ症状を抑えるだけの薬をこのまま長く飲み続けるのは恐ろしい。」と思い漢方薬局へ相談に通っていた際に、勧められたアロマテラピーで驚くほど症状は改善しました!何より香りに癒されました。アロマのある毎日は、暮らし(心)豊かになり、香りは一瞬で心と体を解してくれます。

アロマ瓶しずく

ただの癒しだけと捉えていたアロマへの認識が変わり、子供の幼稚園入学を機に勉強を開始。2人目の妊娠中、子供への自然療法チャイルドケアを学びました。 出産後、ベビーマッサージ教室をする友人に頼まれ、お母さんへのお楽しみということでアロマをご紹介したのが活動のきっかけです。

・アロマサークル活動開始

イベントの模様1

(半年に一度開催していたイベント「ママの癒しDay♪」の模様)

そんな経緯もあり、私と同じように子育てに奮闘するママたちへ「私時間」を提供したいと、2010年9月に子連れで参加できるアロマサークル「マザーズアロマ&ハーブ」を友人とともに立ち上げました。子連れでも気兼ねなくゆっくりする時間を持っていただきたい。という思いから。

仲間との写真1

暮らしに役立てるアロマクラフトを作ることは、実用的に見えて実は心を豊かにしてくれています。アロマが香ると瞬間的にふっと心が緩み笑顔になる、そんな瞬間をたくさんのお母さんたちに知っていただきたい。お母さんの心は子供に以心伝心なのです。お母さんがイライラしていると不思議と子供はぐずりだし、泣きだす。お母さんがほほ笑むと子供は安心する。アロマを暮らしの中にプラスするだけで自然とストレスをケアしてくれる。そんなアロマを知って頂きたいという思いが活動を後押ししてくれました。

アロマとオレンジ_s1

・アロマ空間デザインとの出会い

そんな中、社会の中に癒しのオアシスを作ることのできる「アロマ空間デザイン」に出会いました。アロマをまだ学び始めたての頃、旅行先のデザイナーズホテルのロビーで演出されていた「アロマ空間」がとても印象に残っていましたから、自分自身でもその「アロマ空間デザイン」を仕事にできると分かった時には、『今までの「家庭の中のアロマ」から「社会の中のアロマ」へと広げることが出来る!アロマ空間は、もっと沢山の方に、あのふわっと心安らぐ、心緩む瞬間を感じていただけるのでは?』と考えたとき、ワクワクする気持ちが止まりませんでした。2015年アロマ空間デザインを学んだのを機に、2016年2月に正式に個人事業主として企業致しました。

-起業するまでどのような準備をしましたか?

社会人時代、電機メーカー総合職ではインストラクターや営業、営業所主任での様々な業務などの経験はありましたが、経営のことは全くわからなかったため、BtoBとしての取り組みは悩ましいことだらけ。まず駆け込んだのは広島県産業振興機構の創業サポートでした。そこでは、24時間専門化支援を受けることが出来る制度があり、税理士、弁護士、中小企業診断士等とても一人では判断つかない専門的な知識をサポートいただきました。とはいえ、事業を開始するには業務用ディフューザー等を揃えたり、運転資金などの資金不足の問題があったため、創業サポートのメルマガで案内のあった『小規模事業者持続化補助金』に挑戦することにしました。

申請にあたり、商工会議所の方に様々なアドバイスをいただき、膨大な資料を作成することになりましたが、事業計画を作る中で自分のやりたいこと、進むべき方向性などを客観的に見ることが出来、事業を進めるにあたりとても為になったと思います。並行して、中小企業診断士さんに勧められた、日本政策金融公庫さんの女性起業家支援融資制度を利用し、融資を受けました。決めた以上やるしかない、前に進むだけだ!と思っていた矢先に補助金採択の知らせ。その後、立て続けに、出していた呉信用金庫さん主催の「グッドラック(幸運)」助成金の第一次審査通過の知らせ第二次審査では緊張のプレゼンをこなした結果採択頂くことが出来ました。まさに、神の助け!おかげさまでデモ機やテスター用オイルなどを購入でき、以前よりお話しさせて頂いた広島の老舗結婚式場様へテスターを開始。何度も、テスターさせて頂く中、支配人の『香りブランディング』に対する思いをお伺いする中、宮殿のような素敵なロビーに相応しい香りを考え、ご提案し、一緒に香り空間を作っていく喜びを感じました。そして無事起業半年にして初めての契約を頂くことが出来ました。

姿写真2

(足元にあるのがairaromaアロマディフューザー)

しかし、少しずつ活動を勧めていたものの、なんのつてもない個人営業は、企業との壁が立ちふさがりました。そんな中、常々サポートいただいていた中小企業診断士さんに、紹介いただいたのが、 一般社団法人 中国地域ニュービジネス協議会(NBC)さんです。私の起業した経緯、今後の展望をお話しする中で、思いに共感を頂き、個人ではとてもつなぐことが出来ない、様々なビジネスマッチングを行ってくださいました。おかげさまで、思わぬ大企業様とのご縁を頂いたり、またプレゼンや資料作成にあたり、アドバイスやブラッシュアップ、個別にフォローして頂き、一緒にサポートしてくださいました。

-森さんのこれからの目標・目指すもの

アロマ空間デザインをする中で、広島にいる私ならではの香り空間演出を考えたとき、広島レモンを推奨している広島県ならではの瀬戸内やレモンを感じる香りの演出は出来ないかと?レモンを使った香り演出を思いつきました。
香りによる演出で、国際的な平和都市ヒロシマをブランディングし、しいては、レモン関連商品のマーケティングやリピート率アップにも使用できるのではないか?と考えたのです。

ひろしまブレンドイメージ4

さらに、平和都市ならではの、コンセプト「平和」「命」「祈」「未來」をもとに、オリジナルの香り「ひろしまブレンド」を製作。広島県のひろしまおもてなしサポーターへ「香りのおもてなし」として登録いたしました。将来的には、この香りを、駅や空港、観光ホテルなどに演出することで統一感ある演出を行い、ひろしまのブランディングに繋がればと思って活動を続けています。

ステッカーと顔2

-これから何かはじめたい!女性にメッセージ

「とにかく、行動を起こす!」前に進むのみです。始めたばかりは、形にならず、このままでよいのかな?と思い悩む時もあるかと思いますが、私は「神様は絶対、この頑張りを見ている!絶対報われるはずだ!」と思い、とにかく、ひとつずつの案件を、今しかないチャンス!今やれることをやる!と思い行動しています。一人起業の場合は、自分が行動を起こさなければ、何も起きません。ひとり経営であったとしても、ざっくりでいいので目標を設定し、それに向かって計画的に進むように、ある程度の方針を決める。月に1回は来月の活動や目標を見直す日を設け、行動計画を立てるようにしました。また、個人経営では、未経験の分野も自分で決断し、解決して行かなければいけません。特に専門的な分野も対応しないといけないことが出ますので、公的な機関や、商工会議所が行っている無料相談などを積極的に利用し、時には人に頼ることも大切なのではと思います。

そして、一番大切な笑顔を忘れずに頑張ってください!

お名前 森 かおりさん (広島県)
会社名 香りの空間デザインAromaCouleur
〒733-0035 広島県広島市西区南観音1-2-1
会社URL http://aroma-c.jp

この地域のネットワークページへ