経済産業省 女性活躍推進基盤整備委託事業 女性起業家等支援ネットワーク構築事業

Font Size

S

M

L

  • TOP
  • 新田 昌恵 さん

先輩女性起業家インタビュー

わたしの夢がかないました。

「ママサークルの活動から始まり、地域活動に携わって5年半。
家族とたくさんの方に支えられNPO法人を立ち上げました!
地域に必要とされる事業を生み出す楽しさ、地域を元気にしたいという想いを発信し、
誰もが“やってみたいこと”を実現できるコミュニティをつくっていきます!」

近畿

新田 昌恵さん

ー きっかけは?

22歳で結婚、翌年長女を出産しました。長女5歳、次女4歳の時に大阪市から摂津市に引越し。友達がまったくいない土地に引越しをして、毎日毎日育児に追われる生活。子どもはもちろん可愛いけど、自分の時間も欲しい、好きなこともしたい、でも子どもを預けてまで自分のことを優先にはできない。。。そんなことを考えていたとき、周りには私と同じように「子育てをしながら何かしたい」「いろんなことを学びたい」と思っているママたちが多くいること、また、特技やスキルがありながらそれを十分に活かせていないママたちが多くいることを知りました。
その両者をうまく繋げることが私のできることかもしれない、「ママたちが母として、女性としてもっと輝ける場所を作りたい」と思い、2011年5月に子連れで楽しむ習い事ママサークル「マミー・クリスタル」を立ち上げました。先生もママ、生徒もママで子連れOKの習い事があったらいいな、からスタートしたママサークルです。最初は5人くらいで私の自宅に集まってスタートした小さなママサークルは3年で400名ほどのサークルになりました。(※現在は550名)
ちょうどその頃、摂津市駅前にあるコミュニティプラザでママサークルのメンバーと話していたとき、ここで何かイベントとかやりたいね、という声があがりました。
摂津市にはハンドメイドが得意なママが多く、その活動をもっと地域の人たちにも知ってもらいたいという思いが最初のきっかけでした。
だったらやってみようと考え(そのときはお金がどれくらいかかるかは考えていなかったのですが・・・)、プラザに相談。これまでは市民団体による全館貸しきりイベントでの利用はあまりなかったようですが、市民のためのイベントをやりたいと伝え、会場の仮予約をしました。その後、市民活動支援課の担当者がまさにこういった活動がこれから必要と言ってくださり、活動を応援してくれる市の制度などの情報を教えてくださいました。補助金の申請、審査員を前にしたプレゼン、という初めての経験を経て、無事補助金も受けることができました。

img_interview1_1

それが形になったのが、「摂津まるごとマーケット」という市民が子どもから大人まで楽しめる地域イベントの運営です。子育て支援と地域活性化を主な目的とし、行政や市民団体、企業、商店、学校など摂津市をまるごと巻き込んだ市最大級のイベントとなりました。
これまで「何もないまち」と言われていた摂津市に実はこんなにたくさんの魅力があったのかということを市民のみんなが知る機会となりました。
そして、そのイベントにあわせて、地域情報誌「摂津まるごとナビ」の制作をすることになりました。「摂津まるごとナビ」という冊子は、主婦目線・市民目線で、自分たちの地域のこういう情報がほしい!という内容を取材・掲載。デザイナーはサークルのママ。地域の飲食店にも回ってお店の情報掲載での協賛を依頼。「摂津のいいものを紹介したい」という想いから、掲載料は1店舗3,000円~で設定。今思うと広告掲載料としては安い金額設定だったなと思うのですが、(利益はほぼでなかったですが(笑))、このまるごとマーケットに地域のお店にも一緒に協力してもらえるような関係構築のために良い機会になったと考えています。

この活動を続けながら、収入を得ることも必要だと考え、チラシデザインなどを行うデザイン事業での起業を経て、2015年サニー・クリスタル・ジャパンを設立しました。
1年に1回開催の「摂津まるごとマーケット」は、3年目にして、市民5,000人が参加してくれる大きなイベントになりました。この活動は多くの学生ボランティアや地域ボランティアによって支えられていますが、主にママ達が中心となって運営しており、イベント前の忙しい時期はみんな家事・育児・仕事との両立がとても大変でした。
そして第3回目のマーケット終了後、今後、もう継続するのが運営上難しいのかなと悩んでいました。こんなに大きな規模のイベントをママ主体とした団体だけでは本当に大変です。しかし、参加してくださった方・地域の住民のアンケートや声から、毎年楽しみにしています、とてもよかった!という声を本当に多く頂き、この事業は地域から求められているのだと強く感じ。必要とされていることは続けたいと思いました。
事業をなんとか継続させるためには、人材と資金の不足が一番の課題でした。

そこで、この「摂津まるごとマーケット」を含めた4つの事業を柱として、「もっと摂津をわくわくするまちに。夢も暮らしもしごとも地域で創る、市民から生まれた地域プロジェクト」を目指し、2016年8月「NPO法人摂津まるごとプロジェクト」を設立しました。
「摂津まるごと大学」の事業を立ち上げ、地域課題をビジネスの手法で解決する“コミュニティビジネス”によって地域活性化を行う人材の発掘と育成を行い、「摂津まるごとナビWeb(準備中)」で地域情報の発信、また、摂津NPOセンターを活用して地域の誰もが集えるコミュニティの拠点づくりを行っていきます。

これまで活動を支援してくださった各種団体・企業の代表や行政関係者、大学教授など、まちづくりのプロとも言える方々が理事という形で参画してくださいました。私たちが、コーディネート役となって、行政、市民、大学、民間企業との連携をすることで産官民学を繋げていきます。

img_interview1_2

今年4号目となった地域情報誌「摂津まるごとナビ」は民間企業とのコラボによる制作が実現。行政、大学の協力もあり産官民学の協働による摂津の魅力発信事業として大きな成果となりました。最初その民間企業はインターネットで私たちの活動を知って連絡をくださったそうです。地道な情報発信が実はとても大事だと実感しています。

ー 家族の応援

私のこの活動に、夫と子ども2人が、とても応援・サポートしてくれています。摂津まるごとマーケットは、当日、夫・子どもも運営スタッフとして参加していますので、家族一緒に活動を楽しんでいます。活動当初は、私がなんでこんなに一生懸命やっているのか、どんなことをしているのかをうまく伝えることができず、理解を得るのが難しい時期もありましたが、今はみんな家族がとっても応援してくれています。

img_interview1_3

ー 新田さんのこれからの目標・目指すもの

ボランティアから始まった地域活動をビジネスにするということは、どうやっていったらいいのか最初苦戦しました。創業支援機関の窓口にも相談にいきましたが、大きな利益を生み出さない事業に対し当然厳しい意見を受け、なかなか前が見えませんでした。
それでも今の活動を続けたい!という強い想いとその気持ちに共感してくれる人が多くいることが励みでした。
ある時「コミュニティビジネス」という考え方を知り、わたしのやりたいことはこれだ!と思い、ここまで事業化してきました。地域のために何かやりたいと思っている人はたくさんいます。そういった想いをもつ人が集まり、アイディアを実現できる環境をつくる。互いに支えあいながら皆がわくわくするまちをつくる。そんな活動がいずれいろんな地域で展開され多くの素晴らしい活動の継続を諦めることなく身近な誰かの幸せを作っている。そんな循環のきっかけになれれば嬉しいです。いつか将来、海外への発信も見据えて、週2日英語の勉強もしています!
これからNPOセンターをDIYで居心地のいい場所にして、皆の活動場所として使えるコミュニティの拠点づくりを行っていこうとしているのですが、いかにお金をかけず、いかにみんなにとってよい形にするか?足らない資金をどう集めるか。そんなことを考えるのも楽しいです。
NPOなので、多くの方から協力・応援してもらうことがとても重要です。そのためには人とのつながりを大切にし、共感を得られる活動をしていかないといけないと思っています。私の信念は「「地域が動けば、世界は変わる」」。まずは身近なところから、たくさんの笑顔をつくっていきたいと思います!

img_interview1_4

ー これから何かはじめたい!女性にメッセージ

働くことに利益を求めるだけでなく、自分の居場所、いきがい、自分の必要性、地域社会とのつながりがほしいというママも多くいると思います。私もその一人でした。今、徒歩圏内で仕事も子育てもしています。自分の得意なことを生かして、まず身近な地域から小さくスタートして徐々に協力者を集め何か始めてみるのもいいと思います。そこから自分のライフスタイルに合った働き方に繋がるかもしれません。
家族の理解・家族との時間を大事にしながら、自分自身を大切にしたいと思っています。
よく「どうしたら上手くやれるか」と聞かれることがありますが、成功の秘訣なんて全くわかりません(笑)。何事も最初から上手くやろうとせず、たくさん回り道して多くの経験と人脈を積み重ねていくことが何より面白く、大事なことだと感じています。

お名前 新田 昌恵さん (大阪府)
会社名 特定非営利活動法人 摂津まるごとプロジェクト
(本部 〒566-0011 大阪府摂津市千里丘東4-6-8-518)
(摂津NPOセンター 〒566-0024 大阪府摂津市正雀本町1-40-8)t
会社URL http://www.maru510.jp/

この地域のネットワークページへ